在宅ワークでWEBライターの仕事を始めてみる

WEBライターの仕事をあなたはどのように思いますか?
WEBライターが雑誌や新聞のライターと異なり、ネットの記事を書くライターだと違いは分かると思います。
しかし雑誌のライターのように、それなりのスキルが必要だと思って、WEBライターの求人を見かけても自分には無理。
そんなふうに思っているかもしれません。
ですが、WEBライターに文章力はそれほど必要ではありません
もちろん、意味の通じる正しい日本語を書く必要はありますが、どこかで文章の書き方を学ぶなどの知識は必要ありません。

例えば極端に方言や若者言葉を使い、他の地域や世代の人が文章の内容を理解出来なければ困りますが、ブログの日記のような文章でも内容が伝われば構わないのです。
それはネットという媒体が、素人の書いた言葉で溢れているからです。
情報収集のスピードからしたら、2ちゃんねるの芸能ニュースの方が、よほどTVの情報番組よりも早く情報をアップしている事がありますよね。これは記者が文章を書き、推敲をして編集者のOkをもらってから記事をアップしていたら、とてもこんなスピードで記事をアップする事が出来ません。読み捨てというと言葉が悪いかもしれませんが、短期間で消費される文章なので、文章力はあまり必要ないわけです。

なのであなたが在宅ワークを考えていて、パソコンがあまり得意ではないという場合、実は初心者の狙い目はWEBライターの仕事です。
WEBライターなら、ワードかメモ帳、エクセルのいずれかで文章を作成し、納期する際に圧縮する操作が出来ればOKです。
あとは普通に文章が書けて、メールのやり取りが出来れば、誰にでも出来る仕事だと言えます。